無添加育毛剤のマイナチュレ、入っているもの・いないものは?

マイナチュレ 成分

口コミで効果についても高評価なマイナチュレは、無添加育毛剤であることも特徴のひとつ。
その無添加かげん、結構すごいですよ。

3/4!無添加育毛剤のマイナチュレ

マイナチュレが「無添加」としている成分は、11種類あります。
・合成ポリマー
・パラベン(防腐剤)
・石油性界面活性剤(E.O.P.O)
・酸化防止剤
・香料
・着色料
・タール系色素
・動物性原料
・鉱物油
・紫外線吸収剤
・シリコン

育毛剤によく配合されている添加物は大きく分けて8種類ほどあるのですが、マイナチュレはその3/4にあたる6種類が無添加です。
それだけでも無添加育毛剤というにはかなり優秀な気もするのですが、さらにスキンケアコスメでもよく見かける鉱物油や、髪や地肌を痛める原因となる紫外線吸収剤やシリコンも無添加です。

育毛剤の成分表って、しっかり見てしまうほど「これ大丈夫?」と言いたくなるほど添加物が入っていることが多いですよね。
だからできるだけ無添加のものを探したい。
そんな人には「特に気になるようなものは大体省かれている」という、かなり安心感のあるラインナップです。

無添加な上、自然の素材や安全性にこだわり

無添加育毛剤で使用感の評判も良く、効果を実感している人も多いマイナチュレ。
無添加なだけでなく、リラックス効果も髪への効能もある天然精油など自然の植物由来の成分を多く配合しています。

育毛の有効成分として使用されているセンブリは、もともと胃の薬として親しまれ近年発毛促進効果が確認された漢方薬。
グリチルリチン酸ジカリウムも、知らないと化学薬品のような印象ですがカンゾウ(甘草)の主要成分です。
その他にも抜け毛の防止・頭皮環境悪化の防止にシャクヤクエキス・チャ葉エキス・オドリコソウエキスなど。
成分を調べるほど、自然由来の素材が多いんです。

そのうえ、アレルギーテストのほかノンコメドジェニックテストや光毒性試験、炎症反応テストなど、頭皮といえど直接肌につけるものを選ぶ上で心配な要素はしっかりチェック済み。
髪や頭皮にやさしい素材を使用したり、安全性にもこだわりのある無添加育毛剤なら、安心して使えますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました